塚本事務所

MENU

HOME
事務所紹介
仕事紹介
> メッセージ
> あなた自身の事
> あなたをとりまく環境の事
> あなたの未来の事
安心して暮らす
Q&A
> みなさまのご相談事例
> ご相談の流れ
> よくある質問
お問い合わせ
× 閉じる

それぞれの境遇と環境がある

私たちは日々様々な環境に身を置いています。例えば、育った環境・生活環境・仕事環境などの環境を整えることは、生きていく上でとても大切な事です。
よく、「会社づくりは人づくり」だと言われますが、「良い会社には良い社員がいる」、「良い社員がいるから良い会社になる」というのは、どちらも正しい見方であり、それだけに人と環境はとても密接に関わっていると言えます。

塚本事務所では、行政書士としてお客様からの依頼を受け、役所に提出する許認可等の申請書類等をご依頼通りにただ作成するだけではなく、その後がよりよい環境になるよう、案件によっては様々な専門家とも連携し、土地・建物コンサルティングや福祉住環境コーディネーターの知識や経験からも、アドバイス、コンサルティングさせて頂きながら書類を作成していきます。
※「福祉住環境コーディネーター」とは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。
※「土地・建物コンサルティング」とは、不動産を所有している人やこれから不動産を取得しょうとする人の求めに応じて、その有効活用や取得しようとする不動産の価格査定・事業採算など、利用その他これらに関連する事柄についてアドバイスや企画提案などを行います。

あなたをとりまく環境の事
   -法人-

会社設立

会社設立関係業務は行政書士の代表的な業務のひとつです。代理人として定款を作成し、設立後も、会計記帳や許認可申請など様々な分野で、サポートいたします。法務局・地方法務局への会社設立等の登記手続は、司法書士の業務となっております。

こんな方は要チェック!
●株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の設立
●公益社団法人、社団法人、財団法人、宗教法人、医療法人、学校法人、社会福祉法人
●自治会、町内会等の法人化

農地法関係

農地を宅地に転用して売買したい、というような場合は農地転用の手続きが必要です。行政書士以外のもの(弁護士は除く)が、対価を得て農地転用手続きに関与した場合には、行政書士法違反になります。農地転用手続きの失敗は、損害が多額になることがありますのでご注意ください。農地転用手続きは専門家である、行政書士にお任せください。

●こんな方は要チェック!
●農地を他の目的に変更されたい方
●農地を変更して住宅を建築されたい方
●農地の拡大を図りたい方
●新規に農業経営を行いたい方

開発許可関係

主として、建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更(開発行為という)をしようとする者は、あらかじめ、市長の許可を受けなければなりません。

こんな方は要チェック!
●市街化区域内で、開発区域の面積が500平方メートル以上の開発行為
●都市計画区域外における1ヘクタール以上の開発行為
●市街化調整区域内における開発行為

建設業許可申請

営業の種類によっては、各種の許認可や届出が必要な場合もあります。行政書士は、官公署に提出する書類の作成をします。

こんな方は要チェック!
●建設業許可申請、変更届、入札資格申請
●宅建業免許申請、業者名簿登載事項変更届書、主任者資格登録簿変更登録申請書

相続関係手続

相続手続を進めるにあたっては、戸籍の調査、遺産目録の作成、遺産分割協議といった手続きが必要です。行政書士は、それらの手続き、書類作成のお手伝いを致します。

こんな方は要チェック!
●遺言書作成(自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言等)
●相続人の調査(戸籍調査)

運送事業経営許可申請

運送事業を始めるには許可が必要です。許可申請は一般的に許可の専門家に任せることが普通です。

こんな方は要チェック!
●一般貨物運送事業許可申請
●相続財産の調査
●分割協議書の作成
●特定貨物運送事業許可

会計記帳業務

会社において保管いただいた領収書等の証ひょう書類をお預かりし、会計伝票・会計帳簿・月次試算表および計算書類までを作成します。税務申告につきましては提携税理士において行います。

こんな方は要チェック!
●許認可等の申請書類に添付する財務諸表の作成
●財務分析及び経営アドバイス
●会計記帳代行、会計記帳相談及び指導、給与計算代行

自動車登録

自動車を使用するには国の行う登録を受け、ナンバープレートをつけ封印を受けなければなりません。ナンバーは車を使う場所によって決まり、そのナンバーの管轄陸運支局等で登録手続をします。

こんな方は要チェック!
●新車・中古車でナンバーのついていない車を登録する場合
●氏名・住所・使用の本拠の位置などを変更した場合
●自動車を売買等により譲渡、譲受する場合
●自動車の使用をやめた、または解体等した場合
●ナンバープレートを紛失などした場合

内容証明

内容証明とはいつ、どのような内容の文書を、だれが、だれに差出したかを郵便局が証明する制度です。文書の内容を後日の証拠として残しておく必要がある場合に利用されます。

こんな方は要チェック!
●クーリングオフを通知する
●相続関係
●金融取引
●婚姻・離婚関係
●婚姻・離婚関係
●人事・労務関係
●人事・労務関係
●土地・建物の賃借など

あなたをとりまく環境の事
   -土地・建物-

売買・賃貸・管理

オーナー様の視点で、土地・建物を売りたい方、住まいを貸したい方、マンション・アパート一棟の管理を任せたい方をサポートします。また、みよし市内や周辺地域の田んぼや畑など、農地の売買実績も多数ありますので、まずはご相談ください。

こんな方は要チェック!
●住み替え
●物件管理のアドバイスやサポート
●放置してある土地(遊休地)を活かしたい方
●農地を売買されたい方
●相続した遊休地があって税金やその他の悩みのある方

土地・建物の有効活用

不動産の有効活用は、その不動産を綿密に調査したうえで、さまざまな角度から最適な用途と活用手法を検討することが大切です。また、財務上の影響を踏まえたうえで、不動産の価値を適切に企業価値に反映させる必要があります。多角的な視点でお客さまの不動産活用プランをご提案させていただきます。

こんな方は要チェック!
●アパートの入居率低下でお悩みの方
●空き家の対策をお考えの方
●未利用地の有効活用
●休耕地の活用

土地・建物関係のトラブル

マンション・アパートのオーナー様、不動産業者さんからのお問い合わせ。また借主の方からの素朴な疑問など。親身になって解決策を探ります。ぜひお問い合わせ下さい。

こんな方は要チェック!
●不動産に関する税務(保有・売買など)
●金融
●土地・建物に関する法律問題
●所得税・法人税
●相続・贈与

高齢者生活相談

高齢者やその家族の抱える福祉、保健、医療等に係る各種の心配ごと、悩みごとに関するアドバイスをします。

こんな方は要チェック!
●家賃滞納問題
●立ち退き問題
●隣地との協会問題
●欠陥住宅の問題

成年後見制度について

成年後見制度とは精神上の障害(知的障害、精神障害、痴呆など)により判断能力が十分でない方が、不利益を被らないように家庭裁判所に申し立てをして、その方を援助してくれる人を付けてもらう制度です。成年後見制度についてさまざまなご相談をお受けいたします。

こんな方は要チェック!
●高齢者のあらゆることがらについての電話・面談による相談
●高齢者の能力にふさわしい職業のあっせん
●各種情報の提供

バリアフリー住宅の新築・改修

若い時はなんでもなかった住宅が高齢者や障害者になると、とても苛酷な住宅になってしまうことがあります。高齢者になり車椅子生活者となった場合、外出することも大変な困難になるのです。住宅購入に際して、間取りやデザイン、設備の機能(キッチン、風呂、トイレ、エアコン)などと共に「いつまでも安全で暮らしやすい家」をご提案いたします。

こんな方は要チェック!
●廊下や階段、浴室、トイレ等への手すりの設置
●段差解消のための敷居の平滑化、スロープ設置等
●滑り防止や円滑な移動のための床材の変更
●洋式便座等への便器の取替え
●上記の住宅改修に付帯して必要となる改修

みなさまのご相談事例

事例1【30代男性】【農地の活用について】

ご相談内容content

相続を経て600坪程度の農地(田んぼ)を持っているのですが、調整区域という場所だと絶対に家を建てる事は出来ないのですか?もし家が建てられなくても田んぼ以外に駐車場として貸したり他に活用できる方法って何かありませんか?人の話やネットで調べていてもよく分からないので詳しく知りたいです。

事例2【50代女性】【相続について】

ご相談内容content

兄妹が3人いて、私は長女になります。父は既に他界しており、母は健在ですが、土地や株式などの資産があるので、いつか亡くなった時には相続の問題が兄妹の間で起こる可能性が予想されます。今後も出来るだけ兄妹仲良くやっていきたいのですが、相続について親兄妹で話し合った事もなく、正直何を言い出すかは予想が出来ません。相続についての法的な手順や手段だけではなく、仲良く上手に相続について親兄弟と話し合うにはどういう形にしていけば良いのでしょうか。

塚本事務所より

アドバイスadvice

このページでは、相続に関するお悩みや相続後の土地の活用方法等、ご自身の置かれる立場やご自身の周囲の環境についてのご相談内容を掲載しておりますが、一人ひとりの環境や状況が異なるため、答えは1つではありません。あなたのお悩みに対してあなたの答えを一緒に考えたいと思いますので、ぜひ一度ご相談ください。

このページのトップへ